初心者あるある?

どうも!

杉並区荻窪のブラジリアン柔術スクールPhysical Spaceインストラクターの鍵山です!

 

 

皆さんはブラジリアン柔術のルールはもちろん!把握してますよね?

ですがブラジリアン柔術にはルールでは許されていても、やってしまうと不利になってしまう事がいくつかあります。

今回はそちらを写真付きで紹介していこうと思いますよ〜♪

 

それではいってみましょう!

 

 

先ずは…

IMG_2982

「バックポジションの時に両手で首を抱える」

ルール上、両足の甲が内腿にかかっていれば4ポイントですが、両手で首を抱えてしまうと相手の上半身が固定されず、正面に向き直られてしまい、そこからまた攻めるのは二度手間になってしまいます。

バックはたすきがけ!

IMG_2981

で、お願いしますね☺️

 

 

次は…

IMG_3006

「押さえ込まれているのに相手を抱える」↑笑ってる場合じゃないですよ!笑

 

これをやってしまうと、最悪抱えた腕を極められてしまいます。

押さえ込まれたら先ずはエビ!!

IMG_3007

徹底しましょう❗️

 

 

最後はこちら!

IMG_2983

ん?

IMG_2991

おやおや?

IMG_2995

ええっ!?!?

IMG_3004

ゴルァァアア!!!😡😡笑

という事で…

「トップポジションなのに自分から下になってしまう」

まさか!?

と、思われるかもしれませんが、ポイントなどをよく理解していない初心者の方でたまに見かけます。

トップ、ボトムが確定している場合、トップの人間はスイープされていなくても下になってしまうと相手にポイントが入ってしまいます。

トップポジションを取ったらシッカリパスガードを心掛けてください☺️

 

 

如何でしたか?

特に試合出場を考えている方はルール以外にも、やると不利になってしまう事を頭に入れて練習してみてください。

他にも

「袈裟固めで頭を抱える」

などもあるので、スパーリングの時に先輩会員さんに聞いてみてくださいね✨

 

Physical Space
杉並区荻窪5-30-6-4階
http://www.psogkb.com
Tel 03-5335-9640
Mail psbjj.ogikubo@gmail.com