三角絞めあるある言いたい♫

どうも!

杉並区荻窪のブラジリアン柔術スクールPhysical Spaceインストラクターの鍵山です!

皆さんの得意技って何ですか?

柔術を始めたばかりの方は腕十字や、三角絞め、十字絞めなどシンプルなテクニックを練習して自分のモノにしようと頑張っているはず!

ですがシンプルなテクニックほど細かいポイントが多かったりして意外と難しかったりするんですよね😓

今回はそんな「シンプルだけど意外と難しいテクニック(三角絞め編)」を紹介します!

で、全て説明すると時間がかかり過ぎるので(決してメンドーだからとかではありません)今回は三角に組んでもコレは極らない!

を紹介します!

先ずはこちら。

696D7516-D92B-4FD4-AD44-B17D96606C32

「肩が出ている」

そもそも三角に組めていませんが(笑)、三角絞めは自分の脚の間にある相手の肩が手前に出てしまっていると極まりづらくなります。

肩が出た状態になってしまったら、一度脚を組み直して肩を脚の奥にしまってあげましょう。

次はこちら。

86D9676F-8FC1-43B6-9325-CF50BC9CE8D7

「足首から先で三角を組んでしまっている」

コレも三角絞め極らないあるあるですが、三角に組めても爪先を自分の膝裏で隠してしまうと、足首のバネのせいで相手の首がなかなか絞まってくれません。

最低でも足首を膝裏で隠す様にしましょう。

最後はこちら。

0F017AE5-2279-402D-9001-9ADD6DF949E4

「足の甲が寝ている」

コレは細かいポイントですが、足の甲が寝てしまうとフクラハギに力が入らず、三角のクラッチが弱くなってしまいます。

足首を固めて、踵を突き出す様に足の甲を立てて三角を作りましょう。

ちなみに成功例はこちら。

EEECF5B0-1DF0-409D-A125-7F04DDC23E7F

受け手の加藤さんも思わずタップしてましたね😉

シンプルな技ほど、身体の位置やずらし方が重要になってきます。

それは何度も繰り返して打ち込めば込むほど感覚が掴めて来るものなので、上手くできない方は試行錯誤して自分の身体の使い方をマスターしていきましょう!

最後に遅くまで残って撮影に協力してくれた稲垣さん、加藤さんありがとうございました😊

Physical Space
http://www.psogkb.com
杉並区荻窪5-30-6-4階
03-5335-9640
psbjj.ogikubo@gmail.com