世界大会遠征記vol.4『世界選手権最終日』

5日間に渡って行われた世界選手権も遂に最終日を迎えました。

憧れの最終日

最終日は黒帯のベスト8のみのトーナメントとなり、前日まで12面あったマットが一気に2面へと変更され、会場の視線が集まる形になります。私もいつかこの最終日の舞台に立てるよう日々頑張らなければなりません。

チームメイトの結果は…?

最終日にはいつも一緒に練習をしている芝本選手(トライフォース)と嶋田選手(ネクサセンス)が残ったので、朝から応援に行ってきました。結果は二人とも準々決勝で負けてしまいましたが、これからまた世界を目指して一緒に練習をして行きたいです。

必ず食べたいアサイーボウル

応援が終わった後は一観戦者として試合を観戦できるので、お決まりのアサイーボウルを食べながら観戦しました。やはり会場で食べるアサイーボウルは美味しいです。ちなみにこれで12ドル。

今回遠征を共にしたトライフォース早川先生と選手のみなさんと龍虎MMA仁科社長、そして鍵山とピラミッドの前で1枚。柔術は個人戦ですが、仲間がいなければ強くなれません。所属はそれぞれ違いますが、こらからもコンペティションチームとしてより結束してまた世界に挑んで行きたいと思います。

この記事で世界大会遠征記は最後になります。4回に渡ってお送りしましたが少しでも世界選手権の雰囲気をお伝えできたのであれば嬉しく思います。みなさん、ありがとうございました。

7/1三鷹店オープン!
◆世界選手権期間のスケジュールはこちら

Physical Space
http://www.psogkb.com
杉並区荻窪5-30-6-4階
03-5335-9640