柔術に必要な筋肉?

どうも!

杉並区荻窪のブラジリアン柔術スクールPhysical Spaceインストラクターの鍵山です!

皆さんは柔術のスパーリングで力負けしてしまう事は無いでしょうか?

特に身体の小さい方は大きな会員さんとスパーリングする時に

「あぁもう少しだけ力があれば…」

なんて事を思った事はありませんか?

確かに柔術はテクニックで相手の事をコントロールするのが理想ですが、それを習得するのにはかなりの時間がかかります。

なので、

ココを鍛えれば手っ取り早く柔術が少し強くなる!

を紹介したいと思います(ポイントは少ししか強くならないと言う事。筋トレも大事ですがテクニックを学ぶ方がはるかに大事ですからね☺️)

先ずは…

Body Of Work

背筋!

こちらはトップを取った時、ベースを作るのに非常に大事な筋肉になります。よく、相手に煽られて背中が丸まってしまう方がいますが背筋を鍛えればそういった煽りにも耐え易くなりますね。

夏の海でもモテる事間違いないでしょう。

次はこちら!

image

握力!

こちらも柔術をやる上で非常に重要な力だと思います。

自分の得意なポジションをキープしたい(片襟片袖など)のに相手に持ち手を切られて攻め込まれて上手く技に入れない…

なんて事がある方は握力を鍛えると良いでしょう。

image

私も柔道をしていた頃はよくこの様な道具で鍛えていました。(今は練習自体が握力のトレーニングみたいになっているのでやりたくありません)

そして、私が思う一番大事な筋力は…

woman doing some push ups in gym

体幹。

栗田さんが昔よく練習後にやってましたね〜😁

柔術は自分の身体をコントロールできないと上手く動けません。

なので体幹をしっかり固定できる様になるのは非常に重要な事なのです。

体幹は割と短時間で道具も使わずにトレーニングできるので興味のある方は練習後にやってみると良いかもしれませんね。

balance strong man balancing on rock.

最終的にはコレができる様になりましょう。(一生できる気がしない…)