道着の着かた〜スボン編〜

どうも!

杉並区荻窪のブラジリアン柔術スクールPhysical Spaceインストラクターの鍵山です!

さあ!

やって参りました!

人気ブロガー鍵山先生の時間ですよ!✨

……

………

調子に乗って本当に申し訳ありません。笑

今回はタイトルの通り、「正しい道着のズボンの履き方」をレクチャーしたいと思います!

イマイチしっかり履けていない方も、「もうそんなの知ってるよ!」って生意気な貴方も、確認の為最後まで見てくださいね〜☺️

それではいきましょう!

ステップ①

まずは…IMG_1185

ズボンに脚を通してください。(←当たり前だろ!)

ステップ②

IMG_1186

次に、道着の紐を強く引きます。

弱過ぎず、強過ぎず、丁度良い引き方を覚えるのには長年のカンと力加減が必要になります。

曲げずに頑張りましょう(だいたい一週間くらいでしょうか。)

ステップ③

次は…IMG_1187

道着に付いている紐を通す穴(名前は知りません)に紐を通します。

実はコレは何気に重要でコレに紐を通さないと何か気持ち悪いです。

何で気持ち悪いかはわかりません。

ちなみにこの穴が多い道着の方が高級品です。(嘘です)

ステップ④

IMG_1188

紐を蝶々結びにしてください。

蝶々結びができない方は固結びでも構いませんが、練習後しばらくズボンが脱げない事を覚悟してくださいね。

ステップ⑤

IMG_1190

結んだ紐をズボンの中に押し込みます。

IMG_1191

テッテレー!!

これで完璧!!!

実は最後の行程の「結んだ紐をズボンに押し込む」はかなり重要な役割を果たしています。

スパーリング中にしょっちゅう紐が解けてしまう…

なんて経験はありませんか?

この「結んだ紐をズボンの中に押し込む」をすれば、一度結んだ紐は蝶々結びでも解けません。

練習が終わって、ズボンから結び目を取り出し、紐を引けば一発で紐が解けてズボンが脱げるのです!😏ドヤァ

よくスパーリング中に、

IMG_1193

こんな風に紐が解けている方がいますが、見た目の悪さも勿論ですが、指などに絡まるとかなり危険です!

怪我防止の為にもズボンの紐はしっかり結びましょうね!☺️👍🏻

いかがでしたか?

意外とズボンの履き方が上手くない人って多いんですよね😅

ズボンが上手く履けるから柔術が上手くなる訳ではないですが…笑

先ずは形から!

道着をカッコ良く着て、1つ上の柔術家を目指しましょう!!