打ち込みのポイント

名称未設定-1-01

どうも!

杉並区荻窪のブラジリアン柔術スクールPhysical Spaceインストラクターの鍵山です!

前回のブログで紹介した。

打ち込みあるあるの「雑」という項目がありましたが…

今回は具体的に何をどうすれば打ち込みが上達するのか書いてみたいと思います。

先ずは

「道着や身体の持つ位置を意識する」

引き込みなどで相手の襟を待ちますが、浅く持ってしまうとなかなか上手く相手の事をコントロールする事ができませんよね?

なるべく深くもつ。

これが引き込みのポイントになります。

同じように全てのテクニックに持つ位置が決まっているので、意識してみてください。

続いては

「道着や身体を持つ順番を守る」

例えばマウントからの腕十字の際、相手の顔に脚をかけてからお尻をマットに着けにいきますよね?

先にお尻を着けてしまうと相手に起き上がられてディフェンスされてしまいます。

この様にテクニックには相手をコントロールする為の順番が決まっているので、その順番がメチャメチャにならない様に気を付けてみてください。

最後は

「力を加える方向を間違えない」

これもなかなか難しいかもしれませんが、スイープなどで相手を返したい時、先ずは相手の下に潜るか、相手を自分に乗せてあげないとスイープはなかなか上手くいきません。

無理矢理横に倒そうとしても耐えられてしまうだけですよね?

力の向きを考えて技はかけましょう!

打ち込みが思い通りにいかない方は上の3つを意識してみると上手くいくと思いますよ。(と言うか打ち込み前にポイントはいつも説明してますよね?☺️)

IMG_2848

Physical Space
http://www.psogkb.com
杉並区荻窪5-30-6-4階
03-5335-9640
psbjj.ogikubo@gmail.com